ゼロキューブ

ゼロキューブ+BOXの見積明細を大公開!実際の価格と+オプション料金!

こんにちは、よっしーです。

ローコスト住宅など777万円~や1000万円~など家を購入できます。という広告をよく見ます。
本当にその価格で買えるの?と疑うしかありません。

今回は、1000万円~の住宅で気に入った住宅「ゼロキューブ+BOX」という住宅があったので見積していただいた金額を公開します。

本当に1000万円で買えるのか?

結論から言うと1000万円で購入することはできませんでした。
今回見積していただいたのは、ゼロキューブという四角型の家です。
建物だけの料金だけで1000万円するということです。
それに、今は消費税は8%ですから、80万円の消費税がつくということです。

土地あり、オプションなし、仲介手数料なし、現金一括とした場合でも、

  • 浄化槽or下水道
  • 現場管理費
  • 外構費
  • 印紙
  • 登記等の手続き   等

諸々入れて200万円程は、かかります。
この条件だとしても、最低1300万円∔税はかかるということです。

現実的にこの条件は不可能ですが、どんなに安くしてもこのくらいはかかります。

ゼロキューブ+BOXの標準仕様

今回見積していただいたのは、ゼロキューブの+BOXです。
ゼロキューブの間取りは、標準仕様でまだ第一段階です。これから大幅に間取り変更になると思います。

標準仕様
  • キッチン(IH・換気扇含む)
  • エコキュート
  • 洗面所(一面鏡)
  • 浴室
  • トイレ1か所
  • 窓(YKK Low-E複層ガラス)
  • 玄関
  • ドア(スライド1か所)
  • 壁のクロス(3種類まで)
  • 外壁(屋根・1面ガルバリウム鋼板3面サイディング)
  • 外の水道1ヵ所

標準仕様でこのくらいはついています。

ゼロキューブ+BOX建物の見積総額

内訳はこのようになっています。(住宅メーカーによって誤差があるので注意)

区分 内容 本体価格 消費税 税込み価格 小計
建物本体 ゼロキューブ 10,000,000 800,000 10,800,000 12,960,000
BOX 2,000,000 160,000 2,160,000
オプション 玄関延長 25,500 2,040 27,540 2,679,480
玄関タイル 71,000 5,680 76,680
階段手摺 200,000 16,000 216,000
2階トイレ 338,000 27,040 365,040
リビングエコカラット 140,000 11,200 151,200
収納 60,000 4,800 64,800
食洗器 65,000 5,200 70,200
食器棚 160,000 12,800 172,800
カーポート 300,000 24,000 324,000
屋根 250,000 20,000 270,000
畳色変更 31,500 2,520 34,020
浴室乾燥機 55,000 4,400 59,400
ウォークインクローゼット 300,000 24,000 324,000
コンセント 20,000 1,600 21,600
物干し釣り 24,000 1,920 25,920
脱衣所の棚 11,000 880 11,880
ポスト 130,000 10,400 140,400
玄関屋根 100,000 8,000 108,000
クロス 10,000 800 10,800
和室釣りドア 10,000 800 10,800
ウッドデッキコンクリート 60,000 4,800 64,800
勝手口ドア 60,000 4,800 64,800
風呂ドアスライド 30,000 2,400 32,400
風呂の柵 30,000 2,400 32,400
付帯工事 仮設工事 350,000 28,000 378,000 1,728,000
屋外給排水工事 700,000 56,000 756,000
現場管理費 550,000 44,000 594,000
必要経費 図面作成 433,880 34,710 468,590 806,312
地盤調査 50,000 4,000 54,000
産廃処理費 162,705 13,016 175,721
事務手数料 100,000 8,000 108,000
紹介工事 カーテン 300,000 300,000 1,600,000
照明 200,000 200,000
外構費 1,000,000 1,000,000
TVアンテナ 100,000 100,000
その他 水道加入金 100,000 8,000 108,000 1,409,400
下水道負担金 180,000 14,400 194,400
地鎮祭 25,000 2,000 27,000
特殊基礎 1,000,000 80,000 1,080,000
税金
登記
印紙税 15,000 15,000 195,000
建物登記 180,000 180,000
住宅ローン 印紙税 22,000 22,000 555,000
融資手数料 54,000 54,000
火災保険10年 229,000 229,000
つなぎ融資利息 130,000 130,000
抵当権設定費用 120,000 120,000
合計 21,933,191

※住宅メーカーに請負以外は消費税込み価格
1000万円~の家がなんと2000万円超!!!
それに加えて土地代がかかるので田舎でも2500万円は見ておかないといけませんね。

もちろん追加オプションを減らせば支払総額は減ります。

家づくりはプラスではなくマイナスで造ると言われたので、贅沢をしようと思いつくものは全部見積にぶち込んでみました。
この見積もりから予算内に収めていく方式です。

人生で1度の高い買い物となると妥協したくないのでなかなかオプションをプラスして金額が膨れ上がります。

特に趣味やブランドにこだわるわけではないですが、ちょっとしたことでプラス料金がかかってくるので最終的に大きな金額となってしまいました。

火災保険は2×4(ツーバイフォー)造なので通常より安いみたいです。
断熱性・気密性の数値は測定してないのでわからないとのこと。実際に住んでいる人に尋ねたところ夏は涼しく・冬は暖かいとのことで、細かくC値・Q値を気にしなくても普通に過ごせるみたいです。

家づくりの時、住宅メーカーは断熱性・気密性を売りにしているところがあるので良い数値を見せられるとそこしか目がいかなくなります。
もちろん、良いに越したことはありませんが、普通の生活に支障がなければ問題はないかと思います。
ゼロキューブ+BOXの間取り

見積の結果を見て

正直、ここまで高くなるとは思いませんでした。最初の図面はもらって今後多少変更になるかもしれないけど、図面作成代43万円って高すぎではないか?

今回、お願いした住宅メーカーでは、事前審査時より最終的な額が高くならないように諸経費等は高く見積もりしました。
特殊基礎は100万円見積していますが、両隣の家は地盤に問題がなかったので調査結果次第ではありますが、ほとんどの確率で不要になります。
追加オプションも最高グレードにした場合オプションで、ランクを下げればもっと安くなります。とのことでした。

メーカーの言い分としては、上棟時にお客様とのトラブルを避けるためにすべて高く見積もるそうです。

延べ床面積  1F 62.93㎡(19.04坪)
       2F 45.50㎡(13.77坪)
 合計       108.47㎡(32.81坪)

建物総額+オプション+その他諸経費
2193万円 ÷ 32.81坪 = 66.84万円/坪

1000万円~の家は、税込価格2193万円になりました。
いろんな展示場見た感じいい家でした。やっぱり、お洒落だったりかっこよかったり広かったりしたら値段は高く、値段にあった住宅ではないかと思っています。